MENU

個人再生の内容とは、どのようなものなのか

個人再生とは、裁判所を通じて債務を減額してもらう手続きになっています。裁判所に再生計画を提出し、それが認められる事で原則として債務が5分の1に減額されるようになっています。その上で、減額された債務を3〜5年で支払うと言った内容になっているのです。自己破産のように債務を0にする事は出来ないものの個人再生を行う事で、債務を5分の1までに軽減させる事ができるのです。この事は、今現在広島市で返済に悩んでいる人にとっては、とても助かる内容になているかと思います。また、自己破産とは違い、住宅や車と言った資産を手放す必要もありません。その為、今まで通りの生活を保障しながら個人再生と言う手段の元、返済を進めて行く事ができるのです。もちろん、デメリットもあります。自己破産のように借金が0円には、ならないと言う事。その為、減額されながらも返済を続けていく必要はあります。また、個人再生でもブラックリスト扱いになります。その為、今後、数年間は借金を行う事は出来ません。このような事を知ったうえで、個人再生を希望する場合、頼りになるのが弁護士です。個人再生の際は、裁判所においての手続きが必要です。その為、素人では難しい事も多いのが事実なのです。そのような事から考えても、広島市にもある弁護士事務所に相談する事がベストだと言えるのです。実際に個人再生を行うか迷っている人も多いと思います。そんな時は、無料相談の利用がお勧めです。費用を気にせず、相談する事ができるようになっており安心です。